雪道で転んで差し歯が取れた…夜間診療の歯医者があって助かりました

異動で北海道へ

実家は関東なのですが、就職をし異動で北海道に行く事になりました。
雪とはほぼ無縁なので、雪国で暮らしていけるのか不安もありましたが、自然溢れる北海道で暮らせる喜びと、美味しい物をたくさん食べられる喜びの方が勝り、異動は全く苦ではありませんでした。
しかも、社員寮があるので家賃も無し。
その分貯金をしていずれは車を買って、北海道の大地を車で走りまわりたい!なんて言う夢までみていました。

異動したばかりの頃は、季節が春という事もあり過ごしやすく毎日楽しく暮らしていましたが、冬にもなるとやはり雪が凄く、雪かきをした事のない私は毎日筋肉痛。
マッサージにも通いながら雪と闘ってしました。
でも、雪景色には見とれてしまいます…。

差し歯が抜けた…

そんなある日、差し歯が取れてしまいました。
会社の人には言っていなかったのですが、前歯が1本差し歯になっているのです…。
北海道の雪道に足を奪われ、顔面から転んだ私は何秒間かそのままフリーズ。
あまりの痛みに立ちあがる事が出来ませんでした。
立ち上がって、なんかおかしいと思い鏡を見ると歯がない…。
必死になって探しました。
運よく見つける事ができ、ホッとしましたがさすがに歯医者に行かないとマズイ!
「この歯のまま仕事には行けない!」と半泣きになりながらも、歯医者を必死になって探す事にしました。
すぐに家に帰り、ネットで検索…。
最悪な事に時間が遅い…18時を過ぎていたので、開いている歯医者があるのか不安が襲っていました。
ですが、意外にも夜間も治療をしている歯医者が多く、一安心。
その中でも家から近いところを探し、片っぱしから電話をして治療してくれるか聞きました。
やっぱり急だったので中々見つからず、泣きそうになりながらも電話をしていると、「大丈夫ですよ~」と言ってくれた病院が…
本当に感謝しかなく、急いで向かいました。

安心して治療を受けた

行ってみると、まだオープンしたばかりなのかすごく綺麗な院内。
受付の人も優しく、先生も私の話をしっかりと聞いてくれ、大丈夫と声を掛けてくれました。
とりあえずその日は差し込むだけ差し込んで、古くなって少し欠けている差し歯は後日交換する事に…。
心底ホッとしました。

最初はどうなるかと不安で仕方がありませんでしたが、優しい歯医者さんに出会う事ができ、本当に良かったです。
それからは、雪道を歩く時はさらに慎重になり、転ばないようにゆっくりと歩いています。
それと長靴も新しくし、デザイン重視ではなく機能重視の物に変え、転んでまた差し歯が取れないよう注意しています。